Google

【デジタルガジェット】Amazon発、電子書籍リーダーキンドル(Kindle)が、Amazon.comで購入できるようになっていました!&購入時の注意ざっくり訳

Written on:10月 7, 2009
Comments
Add One

Your ads will be inserted here by

Easy Plugin for AdSense.

Please go to the plugin admin page to
Paste your ad code OR
Suppress this ad slot.

s-doodle


米アマゾン、電子書籍を世界販売 日本含む100カ国以上で

というわけで、ついにキンドルが日本上陸!!

7日より予約受付を開始19日発送、とのことですが、どこ基準の時間なのかな・・・?

予約サイトもまだ分かっていないのですが、とりあえず海外での話題ばかりが先行していたガジェットがやっと日本にも入ってきた!というわけで、随時動向を追っていきたいですね。

現在は英語書籍のみのデータ配信だそうですが、今後は日本の出版社と提携して、日本語書籍の配信も行うとのこと。


↑の記事を書いたあと、Amazon.comを見に行ったら、ちゃんと告知が出ていましたよ!お値段は279ドルとのこと。
ついでに、購入時に知っておくと良いかもなとおもったので、Amazon.comに載ってたキンドルl購入の際の注意をざっくり訳してみました。

【購入時の注意ざっくり訳】

・Kindleを購入するためにAmazon.comに登録する必要があるよ
・国際輸送では、関税、輸入税、およびその他の料金の支払いを求められることがあるよ。 (支払い料金の詳細についてはサイトを見てね)
・ キンドルには、アメリカの充電アダプターとマイクロUSBケーブルが付属するよ。 充電アダプターは100V-240Vの間の電圧をサポート。(著者注:日本の電圧は100Vなので問題なしですね。)
・あなたはいつでも無料のUSBを通して個人的な文書をKindleに移すことができるよ。 現在、Whispernetを通して個人用文書を移すためのサービス料金は1メガバイトあたり.99ドルだよ。(著者注:Whispernetってどんなサービスだろう?ちょっと調べてみます。詳細知っている方がいらっしゃったら教えてください)
・無線でのデータのダウンロード時間は、3G回線の絡みとか、まあいろいろあって安定しないかもよ
・キンドルの書籍はアメリカドルで販売されてるよ。
・キンドルは製品1年保証だよ。
・Kindleを利用する際はKindle License Agreementに同意してね。

Leave a Comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Get Adobe Flash player