Google

大分県の現役高校生が語るケータイ事情の『リアル』ってなに?

Written on:2月 25, 2009
Comments
Add One

Your ads will be inserted here by

Easy Plugin for AdSense.

Please go to the plugin admin page to
Paste your ad code OR
Suppress this ad slot.

ケータイ文化は、いつの間にやら先を行きすぎだ

「mixiって何ですか?」大分県の現役高校生が語るケータイ事情

携帯文化に対して、ここまで思い切りジェネレーションギャップを感じたのは久々です。
こうして私もオバサンになっていくのか・・・。

などと感慨にふけっている場合ではありません。この記事を起こしたのは、この文章の中に出てくるある単語がメチャメチャ気になったからなんです。

Aさん:1日中使っています。学校への持ち込みはOKですが授業中は駄目なので、チャイムが鳴った瞬間に電源を入れます。休み時間と登下校の間はずっと持っていて、友だちとのメールや、音楽をとったり聴いたりしています。(今流行っているものは)今の自分の状況をサイト上に書き込める「リアル」で、「今からお風呂」とかリアルタイムに自分の状況を書き込んでいくんです。今はホームページよりもリアルをやる方が多く、友だちもほとんど使っています。もしケータイがなくなったら挙動不審になってしまいます。

・・・リアル?

・・・い、いまいち(全然)意味が分からないのだが・・・

Your ads will be inserted here by

Easy Plugin for AdSense.

Please go to the plugin admin page to
Paste your ad code OR
Suppress this ad slot.

携帯メルマガ書いてる人間が、携帯文化についてさっぱり分からないというのも恥ずかしい話なので、ザーっと調べてみたよ。

リアルとは、短い文章を投稿できる自分専用の掲示板の総称のようである。モバスペ、Peps、フォレストページなどのサイトの機能を利用し、自分のプロフにリンクを貼り付ける。前略プロフなどを見ていても、リアルのリンクは確実に増えているようです。女子中高生に広がる「リアル」とは – モバイルな社長のモバイル最前線

・”リアル“はケータイtwitter。撮影した写真コメントとか、ブログに書くまでもないような短いことを書く。はてダ

サービスの呼ばれ方にも、両者の違いが大きく現れています。PC側ではサービス名、あるいは「ミニブログ」と呼ばれることが多く、あくまで 「Twitter」など元々のサービスの印象が強いものとなっています。しかしケータイ側では「リアル」「りあたい」という呼び名(要はリアルタイムブロ グの略)で呼ばれることが多く、即時的なコミュニケーションを重視したツールという認識が持たれていることが理解できます。イージーリブLog: 「リアル」「りあたい」と「ミニブログ」の違い

分かった。要はミニブログの事なんだね!把握シタ。
ただ、その呼ばれ方がちょっと違っていて、認識のされ方も違っていて、ミニブログとして利用されるサービスも違っている(普通の掲示板とかも使われる)と。

うーん、合ってるかな?あとで読者さんに聞いてみよ-。

※追記

追加情報:リアルって何ですか? ミニブログ?

5 Comments add one

  1. わた says:

    友達がリアルやってます。友達はお姉ちゃんと一緒にやってると言ってました。「疲れた」とか「マジあいつウザい」とかちょっと汚い言葉も;気楽に今思ったことをぶちまけて、ストレス発散に使っているのかな〜という感じです。チャットがブログになったみたいな?本当最近色々と進んでますよね〜。

    二十歳学生より

  2. 新井ユウコ says:

    わたさん>
    コメントありがとうございます!

    >チャットがブログになったみたいな?

    なるほどなー。
    お話を聞く限り、結構プライベートな活動のように思えますが、それをあえて公の電波に乗せている意図はどこら辺にあるんだろ。
    (あるいは、載せていても他の人が訪問してくるわけがないから実害ないと思ってるのかな?)

    新井はTwitterの楽しさも分からない人間なので、この問題を実感するのは輪をかけて難しそうです・・・。

    『リアル』情報、継続募集中。

  3. わたさんと同じ状況なのに「リアル」を全く知りませんでした・・早くもジェネレーションギャップを感じます汗

    自分の中高の時が前略プロフ全盛期だったのですが(少し前に問題になった学校裏サイトも少々ありました)、最近の中高生はブログに移行しているようですね。
    アメブロの「アメばた会議」という機能があり、そこにいる中高生のユーザー数の多さにびっくりしました。
    そのアメばた会議は本来掲示板の機能なのですが、「リアル」のように「今何してる~?」的な会話が多いですね。

    一度書き込めば多数の友達に自分の情報を伝えられる、というシステムに中高生はハマるのでしょうね。青少年ネット規制法でmixiやモバゲーなどSNSが規制されている傾向にあるからこそ、それを求めて「リアル」などのブログサイトに行きつくのかなと思います。

  4. 新井ユウコ says:

    かわばたさん>

    どもです!ねーw最近のケータイ事情は難しいのだわ-。

    アメばた会議情報感謝です!ほー。掲示板をそういう風に使う方が増えているんですね。

    18歳未満のアクセス制限がかかったこともあり、
    普通のブログや掲示板が、ケータイ文化においてその役目をどんな風に変えていくのか(たとえば、掲示板が『リアル』的な使い方をされることで感情の吐き捨て場になるなど、ネガティブイメージの拡大など)ケータイ文化の今後の動向が気になります。

  5. Pingback:ケータイ文化『リアル』の続報。 - ビジデア | B u s i d e a

Leave a Comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Get Adobe Flash player