Google

【食/旅行】伊勢神宮に行ったらこれをいただくべし!現役添乗員オススメの内宮ごはん処店全力まとめ

Written on:7月 19, 2013
Comments
Add One

日本人の心のふるさと。20年に一度の式年遷宮で沸く伊勢神宮!

もう今年だけで何回お客様とご一緒したことか・・・。そろそろ二桁いくかしら(´ー`)

アライがご一緒するツアーは、たいていたっぷり自由時間のあるコース。

つまり、そのあいだ添乗員もガッツリフリータイムに突入するわけでして、その間私の懐からお給料に羽根ついて軽やかに飛んでいきます。

だってしかたないね!ごはん美味しすぎるもんね!!!

というわけで、伊勢神宮(内宮周辺のおはらい町/おかげ横町)で食べられる美味しいご飯を本音で切るぜ!
ズバババっとご紹介いたします。

伊勢のオススメお土産記事も書きました!よかったら両方ご一読くださいませ。

夏の伊勢では外せない!『赤福氷』500円

赤福氷
夏は氷、冬はぜんざい!覚えておいてね!

赤福の季節商品はどっちも外れないんですよ-。美味しい。

ただ、私は夏の氷のほうがよりオススメです。

見た目はただの抹茶氷ですが、氷の下に赤福が埋まっています。
この抹茶蜜が美味でねー。しばらく食べていった後にひょっこり出てくる赤福餅も、まったく硬くなったりせず、もちもちっとして美味しいの! 

おはらい町にある赤福本店も支店も、戸などない吹き抜けの店内。
あっつーい外気に身を晒しながらキンキンに冷えた氷をかき込む幸福感よ。
これぞ夏だ!!

おはらい町沿いの赤福本店他、各支店でも食べられます。
内宮入り口の支店も、常に大賑わい。

大きな地図で見る

 

てこね寿司といえばココ!『すし久のてこね寿司』(梅)1150円他

すし久

『すしきゅう』って読みます。

てこね寿司は伊勢の名物料理のひとつ。

すし久のてこね寿司は、ご飯の上にづけカツオがのった、いわゆる丼なのですが、おこめもちもち、づけカツオもじゅんわり味が染み渡っていて美味!
安定して誰にでもオススメできる一品です。

『伊勢で何を食べたらいいですか?』っていうご質問の第一候補はたいていこちらです。

ただし、12時以降(特に土日!)は混むので行列覚悟!私はたいてい10時台後半に入店して、五十鈴川の流れをのぞむ窓際の席にゆったり腰掛けていただきます。

大きな地図で見る

カキウニ大アサリ他、焼きたて海産物激安!『鈴木水産』焼カキ2粒380円~他

鈴木水産
(※写真は大アサリ。名前の通りビッグサイズ!女性のてのひらより少し小さいくらいかな?)

三重まで来たなら海産物を食べて帰らねば!そんな貴方にオススメなお店がこちら、鈴木水産さんです。

お店の前で網焼きにしている海産物がズラリ。季節によって内容が変わりますが、ウニ、牡蠣、大アサリ、鮎、伊勢エビなんかも!

どれもぷりっぷりでエキスがじゅわぁ~。新鮮なのがよく分かります!

注文は事前の食券スタイル。セルフサービス。接客なんか期待しちゃダメ!

でも安くておいししいんですよー。何度も通っちゃう。

ビールお好きな方は一緒にどうぞ!神様へご挨拶した後の一杯。たまりませんね!

大きな地図で見る

松阪牛串美味!団五郎茶屋 松阪牛串600円

団五郎茶屋

団五郎茶屋松阪牛串焼き

伊勢内宮近くで松阪牛串を食べるならここが一番お手頃かな?
おかげ横町の中にある団五郎茶屋さんです。

さすが松阪牛だけあって、肉汁じゅんわりうまみが濃い!

多少口の中でスジのようなものが残る気もしますが、まあこのお値段で文句言うまいよ!

お手軽に本場松阪牛を試したい方は是非。

大きな地図で見る

牛が美味しすぎて豚捨てた!『豚捨』の牛丼1050円

豚捨牛丼

や、本当らしいですよ?

創業明治42年。ユニークな屋号は、牛肉にこだわって豚を捨てたことから名づけられたといわれています。

こちらもおかげ横町の中にあります、『豚捨』さんです。

牛丼いうても、吉野家や松屋やすき家や(ry とは別の食べ物です。ハイクオリティエクスペンシブ牛丼です。

みてくださいこのつやっとした甘辛タレを!

そして肉厚の牛を!

甘いタマネギがそこに絡んで、しっかりめの味付けがごはんにも馴染んで・・・。

うーまーいーぞー。

※ちなみに、このお店コロッケ・ミンチカツ・串揚げの販売も行なっています。
特にオススメなのはコロッケ1個90円!サクッ、ホクッがたまりません!食べ歩きにぴったり。お腹に余裕があればこちらもぜひどうぞ

大きな地図で見る

『はいからさん』で文明開花の香りする、国産紅茶第一号『ベニホマレ』を楽しむ(630円)

はいからさん紅茶ベニホマレ

はいからさん紅茶ベニホマレ

おかげ横町の洋館2Fにある洋食屋さん。

明治時代の洋風文化の香り漂うこのお店の名物はハヤシライスやカレーライス・・・。

なのですが、私は大体喫茶利用なので、珍しいお茶をご紹介しましょう。

国産紅茶の第一号『ベニホマレ』復刻版です。

味わいとしては、結構しっかり目の茶葉。確かにミルクティが合うなあと思いました。

正直、お味としては並の紅茶プラスアルファ程度(アライ所感)ではありますが、貴重な国産茶葉をいただけるお店として、伊勢訪問の記念にいかがでしょう?

大きな地図で見る

夏期の美味!『五十鈴茶屋』とまと大福200円

五十鈴茶屋さんは、赤福系の和菓子店舗。

おはらい町沿いにありますが、内宮からは少し離れているので、比較的ゆっくりできるお店です。

ただ今回は店内では頂かずに、テイクアウト。

この、とまと大福がとても気になりまして!

カッタヨー。

ひとつぶ200円(確か)

ひとくちぱくっと。

・・・本当にトマトだ-!!!

ええとですね、思ったよりはとまととまとしてました。もっとこう、甘くってフルーツじみた中身なのかなーと思っていましたが。

ただですね、確かにコレ美味しい!美味しいです!ちょっと普段食べ慣れない組み合わせでショック受けてるだけです。

トマトなのに青くささがほとんどないし、全体的に甘さ控えめのやさしいお味。さすが赤福系列さんや・・・。

大きな地図で見る

早朝到着ならゆったりモーニングはいかが?(500円)

すみません、今手元に写真が残ってるお店は以上でした・・・!

でも、コーヒーやお茶を頂くなら、五十鈴川カフェとってもオススメです。

モーニングの内容は飲み物・トースト・卵・ジャム。

名前の通り、お店が五十鈴川沿いにあります。

窓側の席を陣取れたら、清らかな五十鈴川を眺めながら、ゆったりとした時間の流れる朝のひとときをお楽しみください。


大きな地図で見る

伊勢うどんについて・・・

てこね寿司と並んで、伊勢名物といえば伊勢うどん。なんですが・・・

正直、アライは伊勢うどんが苦手です。

讃岐うどんこそ至高!という人間には合わない気がするのね、アレ。

味は嫌いじゃないんですが、どうにもゆですぎたうどんみたいな、麺のふわふわっと感。

伊勢うどんを食べるなら、他にもっと美味しいものあるよねえ・・・?って思ってしまうのです。

もちろん名物ですので旅の思い出に食べてみるっていうの、いいと思います!

おはらい町沿いの岡田屋さんが一番有名かな。いつも12時以降は行列です。

あるいは、ちょっと変わり種で、焼き伊勢うどんなんていかがでしょう?
おかげ横町内、伊勢醤油本舗にて販売しています。必ず卵を付けてほしいな!
こちらは、伊勢うどんが苦手なアライも、なかなかイケましたよ。あまじょっぱい伊勢醤油が卵とからまって、つるっと食べられます。くせになりそう!!
焼き伊勢うどん
===

【おまけ】

東京への帰りに見つけました。駿河湾沼津サービスエリア(上り)で売っていたモッフル。

名前の通り、おもちで出来たワッフルなんです。

ふわっ、かりっ、もちっの三重奏たまらん!

今回はきなこ黒蜜アイスモッフル頂きましたが、いろんな味のバリエーションがあるようでした。

注文を受けてから焼くようなので、空いていれば所要時間3~5分ほど。

もし帰りに新東名通ってくることがあればぜひどうぞ~。

Leave a Comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です