Google

【海外旅行】国際線のチケットを買うなら8月1日以降がオトク!燃油サーチャージが引き下げ。ANA/JAL欧州片道23500円→21000円に

Written on:7月 18, 2013
Comments
Add One

【燃油サーチャージとは】

航空券代金に含まれない、燃油代の変動を賄うための追加料金です。
国際線に搭乗するには、【航空券代 + 燃油サーチャージ + 諸税】 の3つを合計した金額を支払う必要があります。
航空券代金だけじゃ、国際線には乗れないのです。ちょっとわかりにくいですねえ。

※ANA/JALの国内線には現在燃油サーチャージは導入されていません。
※国際線でも燃油サーチャージ不要の航空会社もあります(エアアジア等)

=== 

8月1日~9月30日(発券日ベース)の燃油サーチャージが現状より引き下げられます!

やっほーう!燃油サーチャージが欧州往復42000円というのは、ここ最近中々お目にかかれなかったお値段ですね!
今年の春くらいまでは、往復5万で高止まりしていた覚えが・・・。 

これは、8月以降の秋旅行が狙い目かも!

航空保険特別料金/燃油特別付加運賃について|ANA国際線
JAL – 国際線「燃油特別付加運賃」「航空保険特別料金」のご案内 

Leave a Comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です