Google

お得情報+意外なほど社交的!法人公式twitterアカウントの活動

Written on:5月 18, 2009
Comments
Add One

Your ads will be inserted here by

Easy Plugin for AdSense.

Please go to the plugin admin page to
Paste your ad code OR
Suppress this ad slot.

日本でも、IT企業を中心として、法人がtwitterで自社ニュースなどをつぶやく動きが出てきています。

今回は、数社の企業公式twitterアカウントを見ながら、その効果的な運用方法について探っていきたいと思います。

dell_twitter

1.ほとんど商品情報の提供に徹するデル株式会社 (DellConsumer_JP)

4/27(月)から提供が開始されたデル株式会社の個人購入者向けtwitterアカウントは、開設以来投稿数は12と少し寂しい感じ。つぶやきの投稿内容も、商品の告知のみというシンプルさです。しかし、フォロー数は2000を超えており、その人気ぶりを伺わせます。
個人的にはこういう情報はメールとかRSSで受け取れば十分じゃないか、という気がするんですが、これだけフォローする人がいるということは、twitter上で製品情報を速報で受け取りたいという需要がかなり強いんだな、と感じました。

ちなみに、DELLの本家様は
Twitterを商用目的で使っている企業で目立つのはDellだ。報道によればDellは昨年のクリスマス商戦でTwitterを利用して$1M(100万ドル)を売り上げたという。また同社は最近、Twitterのフォロワー専用の割引キャンペーンを実施している。
というわけで、上手くtwitterを運用しているようです。

official-poken-japan-pokenjapan-on-twitter

2.かなりフレンドリーな中の人Official Poken Japan (PokenJapan)

ソーシャル名刺『poken(ポーケン)』をご存知でしょうか?ポーケン同士を近づけるとお互いの情報を交換できて紙の名刺要らず!というアイテムです。
1個2500円弱と決してお安くはないツールであり、さらに携帯の赤外線を用いた情報交換と基本的なしくみは似ているにも関わらず、現在じりじりと人気に火が付きそうなガジェットです。

Your ads will be inserted here by

Easy Plugin for AdSense.

Please go to the plugin admin page to
Paste your ad code OR
Suppress this ad slot.

このtwitterアカウントの中の人はかなりフレンドリー。
私が「寒いよー」と呟いていたら、「風邪ひかないでね」とリプライをもらったりしました。タイムラインを見ていても、結構個人宛にリプライを送ったりしているようで、デルとはまさに真逆のスタンスの運営です。個人的にポーケンに興味があり、さらに発言も興味深いものが多いのでチェックしてます。ファンです。
一時期twitterでキャンペーンを打っていたこともあって、フォロー数は3200以上。企業アカウントの中では、かなり強い影響力を持ったアカウントです。

yahoojapan-shopping-yahoo_shopping-on-twitter

3.丁寧な対応が魅力のYahoo!JAPAN Shopping (yahoo_shopping)

天下のYahoo!もtwitterに参入済み。ヤフージャパンショッピングの公式アカウントです。
更新のスタンスはポーケンの中の人に似ていますが、それよりは若干商業寄り。最近流行の商品を絡めて紹介してくれています。
特に魅力なのが、その対応の丁寧さ。商品に関する質問をすると、ちゃんと情報を集めて答えて下さいます。インタビューにも。それなんて人力検索・・・!

余談ですが、『# 現在地 ネットのなか』にちょっと萌えた。

ちなみに、こうした企業公式アカウントは概ね好評で、企業アカウントをヲチするブログ記事もちらほら。

Twitterに出てくる各社公式アカウントの発言が人間的 – [mu]ムジログ
>> http://musilog.net/internet-business/website-review/twitter_official_account.php

[N] Yahoo!ショッピング、ユーザからのダイレクトな反応に「Twitterを始めてよかった」
>> http://netafull.net/tech/030463.html

今回は、twitter上で一定の認知を得られていると思われる3つの公式アカウントを例に見ていきました。人の役に立つ情報を広く知らせてくれたり、人間味あるつぶやきで楽しませてくれるアカウントは、長く購読していきたいですね。

One Comment add one

Leave a Comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Get Adobe Flash player