Google

【イベント】ラオスフェスティバル@代々木公園に行ってきました(27日もイベント開催!)

Written on:5月 26, 2012
Comments
Add One

2012年はラオス観光年!だそうですよ。
それもあってか、2年ぶりとなるラオスフェスティバルが代々木公園で開かれると聞き、さっそく行ってきました。

ラオスは、中国(チベット自治区)とタイに挟まれた場所にある内陸の国です。
日本じゃラオスラオスと言いますが、英語での正式名称は(Lao People’s Democratic Republic)。つまり、ラオさんたちの国ってことですね。

『ラオスってどんな国?と問われても答えに困ってしまう。アンコールワットのように壮大な遺跡があるわけでもなし、エメラルドグリーンの海が広がっているわけでもなし、タイのトムヤンクンのような名の知れた料理があるわけでもない。かつてはインドシナの戦火に巻き込まれ、今もまたアジアの経済危機の影響をストレートに受けたラオスは、海外からの経済援助に頼っている。しかし、その中で暮らす人々の心は常に豊かでほほ笑みを絶やさない。』(ラオス政府観光局

・・・なんて奥ゆかしくて好感が持てる案内なんだ!

でもでも、確かに壮大な遺跡はないらしいですが、世界遺産がちゃんとあるんですよ。
特に有名なのがルアンパバンという街です。街全体がユネスコの世界文化遺産に登録されています。のんびりとした街の中に、伝統的なお寺や建物が点在するそう。友人曰く、ゆったり過ごすのに良いところらしいです。行ってみたい!

そんなラオスのフェスティバル@代々木公園をめいっぱい楽しんできましたのでレポートします。

ちなみに、ラオスフェスは今週末、つまり明日27日も開催!この記事を読んで興味を持たれた関東民は是非遊びに行ってみてくださいね。

===

代々木公園は、代々木と名が付いているのに最寄り駅=原宿です。罠。

代々木公園のイベント会場に向かって歩いていると、貞子さんが引きずられていました。
最初見たときびっくりしましたが、結構頻繁に走ってるのねコレ。


ラオスフェスにやってきましたー!まだ午前11時前後ですが、ラオス料理、タイ料理屋さんの前には早くも行列が!
10時オープンなので、人混みが苦手な人は早めの出動が吉です。 


ラオスビール!
ビアラオっていうんですね。400円。

休日だし、ビアラオでべろんべろんになってもいいんじゃなイカ? 


朝ご飯抜いていたのと、屋台の列が長くなり始めていたので、到着して早々ラオス料理が食べられそうな屋台へ。

ゲットしたのがこちら!


パクチー!がのった挽肉の炒め物
もっちもちの(多分餅米入ってる?)ご飯
焼いた鶏(ガイヤーン!) 

こちら3点1セットで500円。

やっぱり、見れば見るほどタイ料理ですねー。

タイとラオスの言葉は親戚っぽいらしいですし、料理も似ているそうで。

まあ、とはいえ、美味しければなにも問題はないっ!

カリッと焼かれたガイヤーンとご飯が合うのは言うまでもなく、さらに挽肉炒めのおいしさがやばい、辛い!

おうちでパクチー育ててるし、パクチー料理専門店のパクチーハウスにお邪魔したこともあるし、イベントで余ったパクチー箱で持ち去る大のパクチー好きなアライとしましては、上にもさっとのったパクチーが実に実に嬉しいです。パクチーに後光差すレベルだしパクチー!と叫び出すレベル。あわわわわ!

・・・とにかく美味しく、ペロリと頂きました。満足。

 

朝ご飯抜いたし、もうちょっと食べられるんじゃないかな?

と欲を出して買ったメニューがもう1点。


こちらのラオスやきそば(クアミー)でございます。

とはいっても麺は米粉やね。卵や野菜がたっぷり入って、これで300円。安い!

こちらにはパクチーが入っていないので、パクチーが苦手な人も安心です。

こんなメニューの他にも、焼き豚や焼き鳥、カレー、ソーセージなどなどなど!たっくさん美味しそうな食べ物がありました。
おいしいたべものだいすきー!な、私とお友達になれるかたに、特にオススメのイベントでございます。

===

さてさて。食べ物ばかりでなく、他のコーナーも回ってみましょうね。


こちらは食料品店。
ナンプラーだけでこの種類!他にも米麺や各種調味料など、色々揃っておりましたよ。 


言わずとしれたキングオブフルーツ。
でも中々丸で見る事ってないよね!レア。

(お隣でカット済みのドリアンも売ってました) 

ちなみに、東南アジアでは地下鉄への持ち込み禁止になってたりします。だってくちゃい 


ここで買いました。個人的にはこの子をキングオブフルーツと呼びたい!マンゴーです。500円。

写真だと分かりませんが、このマンゴ-、私の手のひらより大きいです。

お店の方が「マンゴーには自信があります!」って言ってて釣られて買ったのですが、これは良い買い物でした!

家に帰って食べてみたら、本当に甘いし、大きいから食べ応えも十二分。マンゴー好きな方はお見逃しなく!

===

そういやラオスへの足ってどうなんの?という疑問。

一般的には、バンコクなどからの乗り継ぎになるそうです。

しかし、ラオスフェスでブースを出していたラオス航空さんに話を聞いてみたところ、夏に直行便(チャーター便)を飛ばす予定があるとのこと。
首都ビエンチャンやルアンパバンにも1本で行けちゃう? 


ラオス航空のアンケートに答えたら、カレンダー貰っちゃいました。

飛行機好きとしてはうれしーい!

・・・ANAカレンダーの隣に置いてひとしきり悦に入った後、カレンダー二つ並べてもしゃーねーなと気づきました。別の所においておきます

===

以上、ラオスフェス体験記でした。

全体的な印象としては、少し小さいタイフェス、といったイメージ。

ただ、タイフェスと出展数はほとんど変わらず、混雑度はやや低めで、ご飯が美味しいという、個人的にはタイフェスをしのぐ満足を感じました。

明日も東京のお天気は良好!お時間がある方は、ぜひ遊びに行ってみてくださいね-!

ラオスフェスティバル 公式サイト [Welcome to Laos Festival]

Leave a Comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です