Google

【Webサービス】EvernoteからFBまで、なんでも自動取り込みできる『ifttt』が便利すぎる!!

Written on:11月 25, 2011
Comments
Add One

 自動化。嗚呼自動化。いい響きです。5倍えばの本でも公言してはばからない程度のものぐさ人種としては、とにかく手を抜けるところは抜きたい。そういうサービスになら遠慮無く金をつっこんでは色々試してきました。

その経験から申しましょう。http://ifttt.com、神すぎます。しかもまだβゆえなのか、無料で使えちゃうよ という大盤振る舞いぶり。

きっかけはこちらのブログから。

サイト連携の自動化にFA。”if this then that” がコンセプトのiftttが胸熱。

普段、スクショ撮るのを億劫がるので別に有名ではないけれどめんどいなーと思っているアライが、嬉々としてスクショを撮りまくったほどのこのサービス、久々に使ってみた感じを詳細解説しちゃうよ!

連携可能なサービスは約40個!

まずは見てください。連携可能なWEBサービス一覧です。多彩すぎる!!!

EvernoteやDropbox、Facebook、foursquare、Instagramなどなどなど、見慣れたアイコンが盛りだくさん!

これ、全部連携できちゃいます。

たとえば、Instapaperに保存した記事を・・・
→Evernoteに
→Gmailに
→FBに
→Twitterに

今までだったら、いくつかのサービスの組み合わせで運用していたものが、iftttに統合すればこのサービスだけで管理できるのです。うひゃー!便利-!

まずは初期設定

とはいえ、アカウントを取得した直後に利用できるのは、上のスクリーンショットで色が付いているサービスのみ。灰色になっているサービスは、それぞれ有効化する必要があります。

さっそく、Evernoteの有効化をやってみましょう。

ログイン後のダッシュボード画面にChannelsという青いボタンがあるのでクリック。
そして、灰色になっているEvernoteアイコンをクリックします。

そうしたら、Activeのボタンをクリック。
Evernoteの連携認証ページに飛ぶので、連携を許可して有効化完了です。

あなたがどんなサービスを使うにしろ、まずやっておきたいのがタイムゾーン設定。
コレも先ほどと同じように、Channels>時計のアイコンクリックで設定できます。
GMT+9:00で日本時間に設定。

もうひとつやっておきたい有効化は、天気情報を利用するためのチャンネル設定。
検索窓に、自分の都道府県を入力して有効化します。

Instagramで投稿した写真を、Evernoteに突っ込んでみる

ここまで設定できたら、あとは自分が活用しているサービスを結びつけて、タスクを作るだけ!
試しにひとつ、アライもやってみるとします。

アライは写真が大好きで、写真SNSのInstagramを使っています。
ココに投稿した全ての写真を、自動でEvernoteに突っ込む、という自動化タスクを作ってみます。

http://ifttt.com/tasks/create をクリック。
Instagramを選びます。


===

Instagramにどんな動作をトリガーにする?という選択。
”自分の新しい写真が投稿されたら・・・”をえらびます。

===

トリガー設定完了。次に進む

次は受け皿側の設定です。
Instagramの写真をどこに送る?ということでEvernoteを選択。

===

Evernoteに送るときの動作は?
”新しいノートを作る”を選択。


===

ここまで来ればもう一息!フィルターの細かい動作を設定します。
・タイトル
・本文に何を入れるか
・ノートブックの指定
・付けるタグ


※ここで注意したいのがノートブックの設定。
上のスクショでは日本語を使っていますが、残念ながら日本語が通りませんでした。
あと、半角のアスタリスクもどうもダメっぽいです。
空欄にするとデフォルトのノートブックに保存する設定になるので、Evernoteのノートブックを日本語で管理している方は、新しいノートブックを作るor空欄が無難かも。

※ノートのタイトルや本文には問題なく日本語通ります。

===


タスクができましたー!
最後に、後で見返したときに「どんなタスクだったっけ?」と分かるように説明文を入れて、Create taskボタンをクリックして完成!

レシピを公開してみんなと分け合える

ここまで見てもらえば分かるように、作成方法はとっても簡単。YahooPipesが裸足で逃げ出すシンプルさです。

さらにさらに!このサービスは、自分用にタスクを作るだけじゃなくて、作ったタスクを公開してみんなで使い回すことができるのです!

・・・というわけで、上で作ったInstagram取り込み用サービスもここで公開しちゃいます。
あまりにシンプルすぎるレシピですが、がしがしカスタマイズ入れてお使いください。

instagramで投稿した写真をEvernoteに自動取り込み
http://ifttt.com/recipes/9326

iftttでは、専用のレシピページも公開されています。(http://ifttt.com/recipes)0からタスクを作るだけじゃなく、ここから自分が使いたいレシピを見つけてきて使えます。

中にはすでに複雑だったり、目新しい組み合わせの便利なレシピを公開してくださっている方もいるので、あとで色々検索してみようと思っています。
動作確認がまだなのでここではご紹介しませんが、自動連携の新しい扉が開けそうです。

今日の午前中にiftttに初めて触って、勢いで記事を書き上げてしまったので、まだまだ研究が足りていません。それでもビリビリ感じるよ可能性!

しばらくこのWEBサービスを研究するのがやめられないッ・・・!

IFTTT Recipe: busideaが更新されたら、メールを受け取る connects feed to email

↑よかったらこちらのレシピもご利用くださいませ!

One Comment add one

  1. Pingback:AndroidでEvernoteを使う際の工夫~iPhoneとの比較~ | 単純作業に心を込めて

Leave a Comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です