Google

【iPhone】座禅の仕方をゼロから親切解説:座禅アプリ”雲堂(undo)”が、なんかしっくりきた。

Written on:10月 21, 2011
Comments
Add One

最近仏教に興味を持ち始めています。

とはいえ信心とは縁遠い人間なので、哲学者釈迦とそのお弟子さん達の考え方に興味がある、というだけ。
別にお寺に行くわけでなし、お墓のことを考えるでもなし。ただ、その考えが、最近のモチベーション本などと読み比べてみると、中々ユニークで面白そうと思ったのでした。

座禅というものを初めて(そして最後に)体験したのは確か、中学生か高校生の時、学校行事の旅行先で座禅をした覚えがあります。
当時はなんのためにこんなことをするのかもわからず、特に強い感想も持った覚えはないのでした。

ただ、最近になって、心と体を整える瞑想の一種として、特定の神様を心に浮かべたりしなくていい座禅は自分に合っているかもしれないなあと思い、色々調べていました。

調べていくうちにつまづいたのは、そもそも「座禅の仕方を知らない」ということ。
端から見たらあぐら組んで目を瞑っているだけに見えるアレにもきっとルールはあるんでしょう。でも近所に懇意にしているお寺はないし、どこで聞いたらいいのかな、と思いました。困ったらグーグル先生に相談だ。
そして、WEB上で仏教サーフィンをしているうちに見つけたのがこのアプリ、雲堂です。

雲堂 1.0(無料)

カテゴリ: ヘルスケア/フィットネス, ライフスタイル
現在の価格: 無料(サイズ: 11.1 MB)
販売元: Webimpact – WEBIMPACT,INC.
リリース日: 2011/02/21
App

 
 アプリの使い方はかんたん、座禅したくなったら、座禅開始のボタンをタップするだけ。すると、音声で座禅の準備から最中の合図まで、全て案内してくれます。(座禅になれてきたら、この案内は設定で短くしたりなくすことができます。)


「お前は座禅をした回数を覚えているのか?」という無茶降りにも難なく応答可能


 HowTo座禅のムービーも見られます。座禅初体験のひとは、これを見てからスタートすればばっちりです。なんという親切設計だ・・・。

 座禅を組んでみた感想ですが、リラックスすると評判のメディテーションも まだやり慣れていないせいか普段とは違う妙な体勢に体がついていかなくて、それなりに疲れました。
 しかし、確かに波打っていた心穏やかにするのに効く感じがします。気持ちが楽になるのは確か。
 
 座禅はそれに取り組むこと自体に意味がある、とか、心を無にするのだ、といったと思えば考え事をしながら座るのだ、とか、宗派によって言っていることがバラバラなので自分に都合良いのをチョイスしたらいいんじゃないでしょうか。アライはそうしています。邪道?いやいや、自分の宗教は自分で作るもんでしょ。

Leave a Comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です