Google

【ブログ術】1テーマで期間限定連載を書く3つの効能

Written on:10月 15, 2011
Comments
Add One

Your ads will be inserted here by

Easy Plugin for AdSense.

Please go to the plugin admin page to
Paste your ad code OR
Suppress this ad slot.

以前、2週間をかけてEvernote記事ばかり10本連続で書く、という取り組みをやっていました。(詳細は、【Evernote】10本ノック記事まとめ【10本ノックその10】 参照)

このアイデアは元々5倍えばの本のプロモーションを兼ねてやったのですが、元ネタはgoryugoさんから頂いたものです。彼が、1ヶ月に100記事更新してやんよ!という取り組みをしていて、それが終わったあとに、100記事書いてみた感触を聞いてみたら、やっぱり「やってみてよかった」とのことで、それじゃあ私も目標を掲げてみようかと。

たださすがに、一日一回の更新がままならない状況で、一日3記事更新を目標にするのは厳しい。なので、私なりにカスタマイズさせていただき、「テーマ記事は2週間毎日更新、それ以外にも書きたくなったらつど更新」で、最低一日1記事、多い日は2記事でも3記事でも増やせばいい、というフレキシブルなルールにしました。ごりゅさんは高い目標を定めたのに対して、私は「ここまでは絶対やる!」という下限目標を定めたかたちですね。

結果として、この取り組みはプロモーションとしても、それ以外の意味でもとてもいい体験になったな、と。

今回は、10本ノック体験を振り返って、『期間限定、1テーマで連載記事』という取り組みがもたらしたいいことを書いていきたいと思います。

ブログを書く動機になる

今回私は平日2週間、一日一回更新で計10本のブログ記事を上げる!と事前にびじであ上で告知していました。
人様にやります!と宣言してしまった以上、やらないわけにいきません。
土日で書き溜めたり、時間がなくても仕上げて23時台にアップしたりとギリギリでやっていく不安定飛行でしたが、なんとか墜落することなく10本書き上げることができたのも、最初に「1日1本、2週間で10本」と心に決めるだけでなく、読者さんに宣言して書き続けたからだろうと思います。

ネタ切れしてから、さらにネタを出す練習になる

実は記事を書き続けていて、10本ノックの6あたりからだいぶ息切れしていました。
めぼしいメジャーネタは本に書いたうえ、そうでないネタを探しても、ほかのブログさんと話が被ってしまってパクリっぽいしなあ・・・。と悩む日々。
Evernoteネタなんてそこらへんにゴロゴロ転がっているだろうという見切り発車の結果なので自業自得なのですが、とはいえブログで告知した手前「ネタ切れして10本達成できませんでした」と撤回することもできません。
ここからが本番でした。ひたすら”Evernote”をキーワードにググり、いろんな文章を読んで考えて、その結果生まれたのが10本ノックの7以降の記事です。考察系の記事が2本立て続けに書けたのは、やはりEvernoteというものについて考え抜いたからこそ出てきた発想じゃないかと思います。

物書きは「ネタ切れしてからが本番だ」と言われますが、そのいい練習になったなあ、と。

ブログのアクセスの数・質が上がる

不定期更新が毎日更新になることで、アクセスアップにつながるイメージはありましたが、直帰率と新規訪問割合も大きく改善されていました。やはり、事前に「同じテーマで2週間書くよ!」と宣言していたので、Evernoteネタが好きな人が定期的に見に来てくれたんでしょうかね。
(ただ、この効果は連載中の一時的なものかな?ちょっと後ほど比較してみないとわからないですね)


以上、目標を掲げてブログ記事を書いてみると、やっぱりよかったよ!というご報告でした。
これに調子こいて、次は【ブログ術】で10本ノックをやってみようかなと思う次第。ブログのモチベーションを保ち続けるには?について、色々考えてみたいと思います。

Leave a Comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Get Adobe Flash player