Google

【Evernote】ショットノート+Evernoteのコツ【10本ノックその9】

Written on:10月 6, 2011
Comments
Add One

ショットノート、一時期流行りましたね。キングジムさんからでているメモ帳です。メモを写真に撮ってたときに綺麗に台形補正してくれ、振ったナンバーと日付をOCRにかけて読み込んでくれます。Evernote連携機能もあり。

最近、毎日のToDoをショットノートに書いて、それをEvernoteに送るということをしています。その際に気づいたTIPSをいくつか。

Evernoteの手書き読み込みも(ローマ字なら)結構いける

前々から言われていたことではありますが、改めて使ってみて結構いけるんだなと。
たとえば、Evernote内で”Evernote”をキーワードに検索をかけてみると、手書き文字のがちゃんとヒットします。



メモなのでだいぶ雑ですが、これでも読んでくれるんだなと。

ということで、Evernoteに取り込む前提のメモのなかで使うカタカナ用語の表記は、できるだけローマ字のほうが良さそうです。

エバーノートよりEvernote。
ショットノートよりShotnote。
びじであよりBusidea。

ショットノートのナンバー活用法

ショットノートをメモに使い始めて、悩んだのがナンバー欄でした。
日時はメモしたその日を入力しておけばいいのでしょうが、ナンバーって何を入れたらいいのだろう。

せっかくOCR読み込みしてくれるのだから、使わないのはもったいない。けれど、たとえば通し番号を振ろうとしても、メモをなくしたら途中で通し番号が分からなくなってやる気失うこそ必至、そもそも通し番号ならなぜアプリ側で付けてくれなかったのでしょうか・・・。

というわけで、もうちょっと良さそうな使い方を考えてみました。思いつきました。きゅぴーん。

↑の画像で、ナンバーが0210になっていますよね。このナンバーは、私のEvernote内のタグにそれぞれ振っている番号と対応していて、0210はデイリータスクのメモをまとめるタグなのです。

なので、ナンバーに0210と付けておくと、あとでEvernote内のインボックスを整理する際にとても便利。

1.Evernoteのinboxで、”0210 SHOT NOTE”を検索
2.出てきたメモをまるごと0210タグに移動
3.デイリータスクメモ整理完了!

3ステップで全てのメモが片付きます。
おためしあれ!

ショットノート:ノートタイプLL

Leave a Comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です