Google

【Evernote】連携しているiPhoneアプリまとめ【10本ノックその6】

Written on:10月 3, 2011
Comments
Add One

アライが、べんりそうなアプリをみつけたときのこうどう!:
Evernoteへの直接エクスポート機能がある>>おどりだす
メールでのエクスポート機能がある>>あんしんする
Evernoteに情報を送る方法がない>>さみしくなる

本日は、久々のまとめ記事。しかもiPhoneアプリのまとめです。今まで、ノマドワークができる場所のまとめやEvernoteのWebサービス活用のまとめなんかは書きましたが、iPhoneのまとめははじめてかもね。しかも、iPhone × Evernoteなんてますます珍しいかも。

ぽよんさん(iPhone4)とにらめっこしつつ、今現在使用頻度の高いものをまとめました。
アプリの一言説明と、どんな風に連携させているかも軽くコメント付けています。
素晴らしいアプリばかりなので、iPhone持ちの方はぜひお試しくださいね。

【これがないとはじまらない: Evernote】

Evernote 4.1.1(無料)App
カテゴリ: 仕事効率化, ユーティリティ
販売元: Evernote – Evernote(サイズ: 13.5 MB)


連携というよりも大元。Evernote使いがiPhoneにコレを入れていないとすれば、どんな使い方しているのか聞いてみたい。それだけで1記事書けそう。

【Evernoteメモの大御所: Fastever】

FastEver 1.9(¥170)App
カテゴリ: 仕事効率化, ユーティリティ
販売元: rakko entertainment – rakko entertainment(サイズ: 2.6 MB)


おそらく、iPhone界でかなり古参のEvernote専用メモアプリではなかろうか。
とにかく起動が速い。
そして起動直後からメモを書ける。
メモを書き終わるとすぐ次の紙が現れる。
メモの送信はバックグラウンドで行われるので、送信待ちする間メモが取れない!なんてストレスも皆無。
さらに、事前にタグ・ノートを指定しておける。

まさに基本にして頂点。
長くiPhone持ちのEvernoteユーザーに愛されるのも納得の、余分を捨てた機能美です。

ちなみに、Evernoteメモアプリの双璧と言えばこれとPostEverでしょうか。
ただ、互いに1メモ1ノートか、それとも一日分のメモを1ノートにまとめるか、という機能の違いで棲み分けが出来ています。私はメモを一日分にまとめる必要性が特に見いだせなかったので、未だにこちらを使用。

【シンプルイズベストを貫くFastEver系写真アプリ: FastEverSnap】

FastEver Snap 1.5.3(¥170)App
カテゴリ: 仕事効率化, 写真/ビデオ
販売元: rakko entertainment – rakko entertainment(サイズ: 1.8 MB)


画質より、写真の分類より、何より撮影に入るまでのスピードが重視されるときには最良の選択肢。

先のFastEverと同じく、立ち上げがスムーズ、かつ立ち上がった瞬間から撮影可能、撮った写真は、確認もなく自動でEvernoteにバックグラウンド送信。事前にタグ・ノートの指定が可能です。

【デザインも機能も秀逸なノートアプリ: AwesomeNote】

Awesome Note (+To-do/Diary) 5.4.2(¥350)App
カテゴリ: 仕事効率化, ビジネス
販売元: BRID – BRID(サイズ: 35.4 MB)


フリー版もありますので、まずはそちらからお試しください。(ノート数等に制限あり。本格的に使うなら有料版ほぼ必須)
このノートについては、いまの5倍楽しくなるEVERNOTEラクラク情報記録術で詳しく説明しているので、全体的な説明はそちらに譲るとして、

・EvernoteとGoogleDocsとノートの内容を連携
・デザイン秀逸なメモアプリ

というのが大きな魅力。毎日使うものですから、しょっちゅう目にするアプリのデザインが素敵なのは、気分がいいものです。

【レシート・映画のチケット、なんでも台形補正してやんよ!: GeniusScan】

Genius Scan – PDF Scanner 2.2.1(無料)App
カテゴリ: ビジネス, ユーティリティ
販売元: The Grizzly Labs – The Grizzly Labs(サイズ: 12.5 MB)


スキャン系iPhoneアプリは結構種類が出ていますよね。私も昔から使っては変え使っては変え、試行錯誤してきました。その末に落ち着いたのが、このGeniusScanです。
ちなみに、私が使っているのは有料版のGeniusScan+ですが、無料版でも、Evernoteへの直接転送ができないこと(メール転送はできる)と、広告が出る出ないの違いくらいなので、無理して有料版を買う必要はないと思います。

無料でありながら、認識率はほかのアプリに劣らず(むしろかなり優秀)撮影した画像をまとめてひとつのノートのあつかいでEvernoteに転送することも可能です。

【絵心がなくても、頭の中の考えを簡単図表化: SimpleMind】

SimpleMind+ (mind mapping) 1.5.2(無料)App
カテゴリ: 仕事効率化, 教育
販売元: xpt Software & Consulting B.V. – xpt Software & Consulting B.V.(サイズ: 1.9 MB)

アライは、基本的にマインドマップが苦手です。やけにカラーリング分けたり、こった図を描いたり、というのが楽しい人には楽しいのでしょうが、めんどくさがりの実用重視には、どうもあのノリが合わなくて。
だから、マインドマップらしきものを書くときも、つねにボールペンは黒一本。丸を書いて、それを線でつなげてっていう、本当に簡単なことしかしません。
普段それくらいしかしないのだから、iPhoneアプリだってそれくらいのシンプルさでいいのです。
そんなアライが愛用するマインドマップアプリがこちら、SimpleMind+。
名前のとおり、非常にシンプルなつくりのマインドマップアプリです。挙動としては、丸と線をつなぐだけ。でも、その丸と線を自動で色分けしてくれたり、適当な位置に配置してくれたりと、考えを妨げないように補助してくれる機能が素敵です。
ちなみにこのアプリ、無料版でも大体の機能が使えるのですが、画像として出力したりメールで送ったり、というのが、iPhoneからでは簡単にできません。ですので、無料版を試して、気に入ったらそのままアップグレードしてしまうのがオススメです。350円でアップグレードできました。(価格は変動することがあります)

【毎日の睡眠を記録して、自分に最適な起床時間をみつける:SleepCycleAlarm】

Sleep Cycle alarm clock 3.0(¥85)App
カテゴリ: ヘルスケア/フィットネス, ユーティリティ
販売元: Maciek Drejak Labs – Maciek Drejak Labs(サイズ: 7.1 MB)


分かっていてもやめられないとまらない春眠暁を覚えず。
でもなるべく朝は楽に起きたいから、という理由で、このアプリはながーーーく売れ続けているのではないでしょうか。
寝返りの振動から、レム睡眠・ノンレム睡眠の様子を割り出して、もっとも目覚めやすい時間にアラームを鳴らしてくれるこのアプリをお持ちの方は多いことでしょう。

しかし、この睡眠データ、活用できていますか?
ほら!EmailとFB転送機能が付いてるのよ地味に!

というわけで、アライは常々、レポートデータをEvernoteにメール転送するようにしております。
昨日の寝不足を覚えておくことはできても、3日前に何時に寝たか知るには、あるいは1週間の平均睡眠時間を知るために、このレポートデータが宝石のように輝きます。
そう、まさに健康のお宝なのです。

以上、Evernoteと連携しているiPhoneアプリのまとめでした。
どれも割と知名度のあるアプリかとは思いますが、まだ使ったことのないアプリがあれば、ぜひ一度試してみてくださいませ。どれもアライの一軍アプリですから、無料で入れて間違いなし、有料版を買っても損なし!のオススメですよー。

Leave a Comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です