Google

【Evernote/WEBサービス】ノートをブログのように公開できる『Everwiki』が素敵!

Written on:7月 12, 2011
Comments
Add One

今までEvernoteってもっぱら情報を溜め込む(インプット)場所で、ためたものを表現していく(アウトプット)には別途場所を用意する必要がありました。それは人前で話すことだったり、ブログで書くことだったり。

ですが、どちらも一手間かかります。人に話すには、話を聞いてくれる人が必要ですし、ブログで表現するにしても、ブログを設置して、記事を書いて、さらにブログ上で投稿するという作業が必要でした。

Evernote自体にもノートの共有機能はあるのですが、不特定多数に対する知識の共有という面ではちょいと弱いです。(知り合いにちょっと記事を見せたい、とか、そういう用途なら問題なく使えます。)

しかし、この『Everwiki』は、そこらのブログやEvernoteの共有機能とは一味違います。
なんと、Evernote上のノートを読み取って、そのままブログのように表示してくれる、という、まさにものぐさ表現者にぴったりなサービス!

即座に私がかぶりついたのは言うまでもない。

というわけで、Everwikiを実際に使ってわかったもろもろをまとめてまいりますよー。

Everwikiのイケてるところ&今後に期待なところ

★Evernoteに取り込んだとおりのレイアウトで表示してくれる
ためしに、WEBページをEvernoteに取り込み、それをEverwikiで共有してみたところ、ほとんどEvernoteで見るのと同じレイアウトで表示されました!
ちょっとは体裁崩れちゃうかと思っていただけに、この再現力はかなりぐっときます。

★画像、PDFの表示OK
どちらもEverwikiにキャッシュされたうえで表示されます。
Evernoteで共有してから反映までの時間はかなり短く、5分前後でEverwikiからも読めるようになるとのこと(ファイルサイズにより前後することもあり?)

※試してみたところ、mp3の共有には未対応のようです。おそらくzipもまだかな・・・?今後に期待!

★Evernote上でのリッチテキスト表示にももちろん対応
Evernoteクライアント上で、横線を引いたり、表を作ったり、そのあたりの表示ももちろんEverwiki上できちんと反映してくれます。

※チェックボックスオンオフの表示対応がまだのようです(どちらも灰色のチェックボックスになる)

★ノートブックを3つまで指定可能!
ノートブックごとの使い分けができるのがいいですねー

▲Evernoteのユーザー名がばれる
個人的に、外部の不特定多数の方にEvernoteのユーザー名が知られてしまうのは、セキュリティリスクが増すのでちょっと遠慮したいかな・・・というところです。
さすがに、中に突っ込んでいる情報が、人生なので。

———-

以上、Everwikiの使用感想でした!
正直、私みたいにがっつりEvernoteの中に私的な情報ぶち込んでいる方がそのまま使うにはどーかなー・・・?というのがありますが

・新規アカウントをとってブログ代わりにしたり
・ライトユーザーさんがインプットとアウトプットを同時に行うツールとして活用

なんてやってみるのは大変有りかと思います!
とにかく、Evernoteのノートがそのまま記事になる、というのが本当に手軽で便利で。

「情報のアウトプットが大事だとはよく聞くけど、手間をかけてまではできないよ・・・」

という方などは、手っ取り早くEverwikiを使って人生はかどらせてみてはいかがでしょうか!

Leave a Comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です