Google

【Webサービス】Twitterで簡単にギフトできるgifteeが無印良品と提携と聞いて、早速使ってみました

Written on:6月 9, 2011
Comments
Add One


これはいい。

何がいいかといえば、まずコンセプトが素敵。
手紙一通送るのさえ億劫に感じてしまう人・・・もとい私などにしてみれば、プレゼントを選んで、ラッピングして、渡してというのは中々にビッグプロジェクト。ゆえに、途中で日常に流されて、小さな『ありがとう』を伝え損ねてしまうことがあります。あるいは、相手の住所が分からず贈り物ができない、なんてことも。そんな『気軽にプレゼント』の敷居を大きく下げてくれる、。素敵

そして無印良品と夏季限定コラボ。商品そのものというよりは、ライフスタイルごと売っている感のあるお店、しかもビッグネーム。素敵。

というわけで、ついに実際に使ってみました。使ってみるとこれまた良さが分かりました。

仕組みの概要としては、

私:お店で使えるクーポンを購入

私:クーポンをプレゼントしたい人に送付

相手:携帯orスマホでクーポン受け取って店頭で提示

という、今までのギフト系、クーポン系の派生のような仕組みですが、
○受け取り先の本人認証をTwitterアカウントで行う。住所や電話番号など、個人情報を提供する必要がない。
○携帯でクーポンを受け取り店頭で使える。印刷する必要がない

など、送る側使う側、どちらもなるべく手間がないように配慮されています。

とにかく『プレゼントの敷居を下げよう』というしくみに特化していて、初回の設定さえ済ませてしまえば、3分で感謝やお祝いの気持ちを伝えられます。
さらに、気負わず送れるくらいの、(~1000円がメイン価格帯?)少額ギフトが多いので、気軽にポチれる点も魅力的です。

【個人的に、こうだったらいいのになgiftee】
・通販対応になってくれたらなあ
・現在東京近郊だけなので、全国展開に期待
・gifteeを受け取った側の手順がもっとわかりやすいと素敵かなと。(PCでなくてケータイで受け取る必要がある、というのが、説明ページ見るまで分からなかったorz)
・シンプルでお洒落な雰囲気を大切にして欲しい。居酒屋チケットとか増やさずに、カフェや映画、贈り物に適した雑貨などを増やしてもらえたら。
・冒頭@でTweetしたいな(現在、Tweetする際、頭にTo:と入るため、フォロワー全員にギフトを贈ったことがばれてしまって若干恥ずかしいです。設定変更できたら・・・)
・夏季限定じゃなくて、ずっと無印参加してくれないかな!

Leave a Comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です