Google

【ライフログ】私がEvernoteに手動取り込みしているもの20個まとめ

Written on:4月 21, 2011
Comments
Add One

私がEvernoteに自動取り込みしているもの13個まとめ+1 の続きです。
前回は自動だったので、今回はそれ以外、手動でEvernoteに送っているものについて。
ビジネスも趣味も織り交ぜてご紹介します。

ちなみに、前提として、新井はEvernoteでタスク管理は行っておりません。(タスク管理は専用アプリとカレンダーまかせ)

情報の保存が基本となります。

・気になる映画の情報
映画サイトから、前売りを買った映画の情報ページをクリップ。なぜこのページを取っておくかというと、、Evernote連携機能を持つ超絶神カレンダーアプリSnapCalに、公開日時を簡単保存できるか ら。しかも映画の概要やスクリーンショット付き。SnapCalについては、以前ちょこっとだけご紹介したことがありますが、これだけ多機能で無料とか、 振り込めない詐欺(お金を払いたくても払えない)レベルの神アプリです。いや、一応振り込んだけど。広告解除アドオン買って、115円だけ・・・。

ちなみに、私のなかで振り込めない詐欺のツートップは、これとSOICHA/j(旧TweetMe)です。ささやかながら、買い支えたい・・・。

・今度行きたい料理店
先日、港区役所の近くに、素敵な洋館を見つけました。後で調べてみると、クレッセントという高級フランス料理店らしいです。一人2~3万円くらいの予算になるそうで、今すぐにはとってもいけないっ・・・!
でもいつか行ってみたいから、忘れないように写真を撮っておき、情報をクリップ。一般的な備忘録風の使い方です。

・Pixiv画像とか、イラストサイトさん・小説サイトさん
基 本的にどれも、Twitterでの発言やオンラインブックマークが歓迎されないものです。(ローカルルールが普及しているジャンルや業界は特に。)とはい え、そのまま保存しなければ、ある日お気に入りが削除されていた・・・なんて悲しいことにもなりかねません。なので個人的で楽しむ用にクリップ。ちなみ に、Pixiv画像や漫画は、Firebox3xのEvernoteクリップ機能でないとうまく保存できないので注意です。

・見たものなんでもFastEverSnap

友達と一緒に食べたたこ焼き、旅先で乗ったローカル電車、その一日乗車券、あるいは車窓から見た町並み、今もひん曲がっている東京タワーのてっぺん、気になるコンビニの新商品。
ふと見て気づいたそんなものたちを、FastEverでぱちりぱちりとおさめれば、何気ない日常もあとで振り返って楽しい思い出になりそうです。
何気ないものを撮っておくのがいいんです。

・なんか、キタ!はFastEver
いわゆるチラ裏、あるいはカフェのナプキンに走り書きするアイデア。
普 段からモレスキンやロディア、はたまた紙手帳主義、という方もいらっしゃいましょうが、新井はFastEver派です。理由は、紙に書くと紙をなくし、未 だに手帳を使いこなせず、モレロディを家に置き去りにする残念さんだから。でもiPhoneだけはいつも一緒、かつメールより起動が速く座標もとれる FastEverがいちばんあっているみたいです。

・名刺情報
表 裏をGeniusScan+で撮影してEvernoteへ。さらに、画像を追加したノートにあった日の思い出を書き加えておけば、頂いた名刺情報だけでな く、その人の人柄や出会いを忘れることがありません。最近は、WorldCardMobileで取り込んだ画像情報をメールでEvernoteに飛ばす、 というやり方も。

・旅行のお役立ち情報
イーチケットのPDFから観光地案内のWebページまでクリップしておき、それを事前にiPhoneのEvernoteクライアントにオフラインで閲覧できるように同期しておけば、電波のない山の中へも、海外旅行だって安心。わたしはまるまる一冊、旅行のしおりを作るみたいにひとつのタグに情報をまとめています。

・パスポートのコピー

海 外では命の次に大切なパスポートだから、海外に行くときはバックアップが欠かせません。紙にコピーしておくだけでなく、iPhoneの中に情報を入れてお けばより安心。その他、カード状のデータでバックアップしておきたいものはたいていEvernoteに上げてあります。

・便利なソフトウェア

Evernote をプレミアムにアップグレードすると、共有できるファイルの制限がなくなります。そのため、普段からよくお世話になるソフトウェアは(50MB以下)は、 まるっとそのままEvernoteでバックアップ。使っているソフトウェアのシリアルキーも、メールボックスに入れっぱなしにしてるからいいやーと放って おくと、必要なときに検索で見つからなくて痛い目見たことがしばしばなのでEvernoteへ。

・睡眠時間の記録

普段使っているiPhoneの目覚ましアプリSleepCycleは、手動で睡眠時間の記録をメール送信することができるので、Evernoteへ手動転送。

・PDF文書
覚えておきたいTIPSや読み物などが入っています。ちなみに、最近入れたのが『若者ホームレス白書』。無料でDLできるので、興味のある方はぜひどうぞー。

・音楽ファイル、動画ファイル
ニコニコ動画からダウンロードしたものとか。暇つぶしで見たいものを入れてあります。音楽や動画ファイルはDropboxにも入れてあるのですが、使い分けは、
★50MB未満で、捨てずにとっておきたいファイル(アーカイブ)>Evernote
★50MB以上、どちらかというと頻繁に閲覧したいもの>Dropbox

と なっています。やはり、ファイル操作の自由度は Dropbox > Evernoteなので。あと、50MB以上あるけどあんまり見ない、アーカイブ目的のファイルはSugerSyncに入れたりもしています。あそこは、 無料プランでも5GBの大容量ストレージがもらえるので。サブ倉庫状態

・名言記録
町 を歩いていてふと耳にしたことばを、わすれないうちにEvernoteでメモ。Twitterでつぶやいてもいいじゃない と思われつかもしれませんが、 Twitterだとどうしてもほかのつぶやきに埋もれるので・・・。ちなみに、個人的なヒットは、いつぞやかJR駅構内で見かけた広告のキャッチコピー。
「堀と石垣を張り巡らせた名城も、桜前線の前には為す術もない」

・資格試験の過去問
知的財産管理技能検定の勉強をしています。(3級を持っていて、2級に向けて勉強中。)
なので、過去に受けた試験の過去問を捨てる前にスキャンしておいて、Evernoteにいれてあります。3級の内容でも、時々見返すと忘れていた内容があったりして、復習になります。

・買い物レシート
私は、なるべくクレジットカード&QUICPayで決済するように心がけているので、財布の重さでお金を使った量を量ることがむつかしいです。ついつい使いすぎてしまうことも・・・
なのでとりあえず最低限、買った物のレシートを写メることだけは心がけています。家計簿を付けるより楽ちんで、あとで見返して、大体月間で使ったお金もわかるので良い感じ。

・読み物系WEBクリップ
電車に揺られている間に読める、ちょっとしたおもしろ記事のクリップなど。2chの秀逸なスレを一部クリップしてタグでまとめていたりもします。最近のヒット→【押さない駆けない】コミケスタッフの名言まとめ【夢をあきらめない】 – NAVER まとめ
ユーモアここに極まれり、といった感。

・趣味の記録(例:カードゲーム)
最近、ロードオブヴァーミリオン2が楽しいです。女子人口少なめなうえに、プレイスキルないので、人に見られると結構はずかしいですが・・・。
ん で、Evernoteとカードゲームの相性が異様に良いことに気づきました。手に入れたカードを一枚ずつ表裏GeniusScan+でEvernoteに 取り込んでから、デッキに組み込みたいカードにユニークなタグをつけることで、デッキ構成の記録ができます。さらに、そのデッキにメモをつけて、戦略を練 るのにぴったり。あとで見返すにも、PC、iPhoneどっちでもOKなので、自宅で考えた戦略をおもてで試すときにもiPhoneで情報が見られてすご く便利です。
カードゲームに限らず、魚果やゴルフのスコア記録、もっと上手になるための反省など、Evernoteと趣味の組み合わせは、思いの外便利そうです。

・自分の生き方の見直し
名言しかり、他の人の経験しかり。自分の人生見直しの手助けになりそうな情報をまとめています。たとえば、らばQ:心にズドン…90歳の老人が語る45の人生の教訓など。

・自分が作ったもの記録
どんな黒歴史だって、5年経てばたいてい(甘)酸っぱい思い出になるような気がします。なので、作ったものがよほど残念じゃない限り、大体記録しています。歌ったもの、踊ったもの、書いたもの、作った料理や育てた草木の記録など、作った記録はEvernoteへ。

・RSS記事の転送
わ たしは、主にGoogleReaderでRSS管理し、iPhoneアプリのReederで読んでいます。そしてその中で特に気になった記事を、メール経 由でReeder→Evernoteに転送。外出先で、自宅でお鍋の番をしながら、片手で記事チェックできるのがいいかんじです。

ーーーーー

以上、Evernoteに手動取り込みしているものまとめでした。
基本的な使い方から俺得でしかないものまで色々取りそろえてみたので、活用できる部分を取り入れて、皆さんのやりやすいようにライフログを楽しんでくださいませ。

Leave a Comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です