Google

【社会】ヤシマ作戦参加者に、外食のすすめ

Written on:3月 13, 2011
Comments
Add One

揺れの中、本棚を押さえるのに必死だった日からもう二日ほど経ちました。
東京で私が今出来ることは何か考えて、そして書くことにします。

歌い手は歌い、踊り手は踊り、描き手は書いて、書き手は黙して書く。最もやりやすい手段で、被災された方々を応援するのがいちばんだと思いました。

そこで、私からひとつ提案。今日はささやかに豪勢に、外食をしませんか。

外食をすすめる理由: スーパーが品薄

比較的被災の少ない関東圏で、食料の買いだめによる品薄が多発しているようです。かくいう私の家の近くのスーパーも、めぼしいカップラーメン、水、缶詰類はほとんど全滅。いつにないほどレジも混み合っていました。ローソンの棚の風通しの良さはいっそ笑ってしまうほどです。

恐らく、二度目の大規模地震に対応するために日持ちするものや飲料をまとめ買いするひとが多いのでしょう。

正直、今スーパーに出向いても、「今日食べたいものが買えない」状況は起こりえます。だったら、今日くらいは豪勢に、家族団らんも兼ねて近所の飲食店に出向いてみてはいかがでしょうか?

外食をすすめる理由: 不安が和らぐ

私が自宅を出たのは昨日、日が昇ってからです。それまではずっと家に引きこもってTwitterやニュースばかり見ていました(エレベータも階段もほとんど使えない状態だったため)

そんなことをしていると、震災の惨状が多く耳に入ってきて気が滅入ってしまうんですね。昨日は表に出るまで、きっと眉間にしわをいっぱいよせていたと思います。

でも、いざ表にでてみると、思いの外街は平穏だと気づきました。ちょっと交通量が普段より少ない、コンビニ屋スーパーにものがない、くらいで、後は普段と全く大差ないように思えたのです。ちゃんと空車のタクシーが流れ、コンビニやスーパーは開いている。ひとが携帯電話で話をしながら歩いていく。その様子をみて、いよいよほっとしたのを覚えています。

確かに無駄に出歩かない(海に近づかない、など)のは大事ですが、心が疲れてしまうくらいなら、一度軽くまちの様子を見に行ってみてはいかがでしょうか。テレビ映像とはまたちがう、通常運行の町並みは心をなぐさめてくれるはずです。

外食をすすめる理由: 経済の停滞を和らげる

あたりまえのはなしですが、国内向けにものを売っているお店は、国内のひとが買ってくれて初めて売り上げがたちます。

Twitterでも、来客が少なくて困っている(反対にファストフードチェーンの売り上げがすごいという話も聞くのでお客さんが偏重してる?)旨の発言が散見されます。

募金ももちろん効果的です。でも日本の経済をまわすのは、わたしたちひとりひとりの消費で、なくてはならないもの。雨続きで元気のない花にとって、日差しのようなものです。家に引きこもってカップラーメンをすするより、「今日もお店を開けてくれてありがとう」という気持ちといっしょに外出してみてはいかがでしょうか。

外食をすすめる理由: 家の電気を消してお店に集まれば省エネ

このタイトルにぴんと来て記事を読んでいる人には今更説明不要かもしれませんが、本日以降も18時~節電作戦(ヤシマ作戦)です。

昨日は自宅に居ながら、PC等の電源を落として作戦参加していましたが、今日は自宅を留守にして参加予定。もちろん炊飯・暖房全部つかいません。

どのみちひとが集まるところの電気は落とせないのですから、だったらこっちから出向いてみんなといっしょに過ごせばいいじゃない、という発想。

外食をすすめる理由: 帰宅困難者をサポートしてくれたお店に恩返しを

東京の帰宅困難者の方でなくとも、Twitterなどで追っていたみなさん 当日夜の飲食店をはじめとした一般企業や個人の貢献をご存じと思います。

多くのお店が、夜通し営業してくれました。炊き出しがあったり、TV視聴や無線LANアクセス、お手洗いを貸してくれたお店が多かったのを思い出されると思います。もし当日そのようなお店に立ち寄ってお世話になったなら、後日出向いて感謝を伝えてはいかがでしょう?お店の売り上げに結びつくでしょうし、なにより主催された方が「やってよかった」と嬉しく思ってくれるはずです。

というわけで、ここまで、簡単に震災に貢献できる『外食』をおすすめしてきました。

もしかしたらこの記事を「不謹慎」と感じる人もいるかもしれません。「東北ではご飯も水もなく、辛い思いをしている人もいるというのに何事だ!」というような。ぶっちゃけ、こちらの提案にも反している内容ではあります。

ただ、私は「患者は、医者が自分と同じ病気にかかって欲しいわけではない」という言葉が正しいと信じています。

今私たちに出来るのは、被災された全ての方々に対して祈ること、募金をすること、体調を崩さない程度に節電すること。これらを全うすることに、今回の提案はきっとプラスになるはずだと考えます。

記事を書くのに時間がかかりすぎました。本日のヤシマ作戦も18時~です。

しかし、ヤシマ作戦は明日も明後日も続きます。むしろ、明日から計画的な停電が起こる可能性が高く、原発の様子を見るに長期化してもおかしくありません。このようななかで、ずっと家に引きこもりっぱなしでニュースとにらめっこするのは、少し疲れが溜まりすぎると思いませんか。

気を抜かずに、しかし根を詰めすぎずに、比較的被災が軽微な関東地域の方はぜひヤシマ作戦にご参加を。そうでない地域の方は、ぜひごくごく普通に経済をまわしてください。それだけで、今後の被災地復興のスピードが増すはずです。

さて、夕飯はどこにお邪魔しようかな。いってきます。

5 Comments add one

  1. next49 says:

    こんにちは、素晴らしい提案ですね。私の提案の主旨は「会社に行ったり、ボランティア活動に飛び出すな」で、「家にこもれ」ではないです。

    ですので、ご提案のようにされるのも良いと思います。ただし、材料の仕入れの問題もあると思いますので、できれば、先にお店に確認をとった方が良いと思います。

  2. @hitoshi says:

    こんにちは。豚組というレストランを運営しております、中村と申します。
    フォロワーさんからお知らせを頂いて飛んできました。
    素晴らしいエントリーで、書いてある内容について全力で共感させていただきました。そして、震災当日に避難場所として開放したことも、こうして評価してくださる方がいるのだなと感激しております。
    ついては、私たち飲食店の連帯を目指す「#smileat」という企画を立ち上げております。もし宜しければ、こちらのエントリーへのリンクを紹介させていただきたいのですが宜しいでしょうか。ご検討くださいませ。

    宜しくお願いします!

  3. YUKO says:

    NEXT49さん>
    こんにちは!コメントありがとうございます。
    ですね、本日は交通の混乱もあって、都内に長くとどまると家に帰れない・・・という可能性もありそうですので、事前にお店や帰宅ルートについて確認しておいたほうがいいですね!

    中村さん>
    いつもお世話になっております!
    もちろんリンク大歓迎です。なにとぞよろしくお願いいたします。
    こんな混乱のなかでもちゃんとお店を開けてくれている方々には頭を下げるしかありません。

  4. fumi says:

    ども、ソンタナのfumiです。
    昨晩はありがとうございました。
    バタバタとした中でも、笑顔のたえなかった店内で
    とても、いい時間だったと思います。
    このエントリーに後押しされた部分も大きかったので
    本当に感謝しています。
    ありがとうございました!!

  5. lotuspice52 says:

    この提案に大賛成です! 非常時ではあるけれど、自粛という名のもと、実は被災地ではない街のショップや企業が大きなダメージを受けてしまう現実にも、目を向けなければと思います。

Leave a Comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です