Google

【ノマドワーク】顔写真付き身分証を持っていない人にオススメの、住基カード取得方法

Written on:1月 13, 2010
Comments
Add One

Your ads will be inserted here by

Easy Plugin for AdSense.

Please go to the plugin admin page to
Paste your ad code OR
Suppress this ad slot.

 久々にノマド(というか、フリーランス)な話題などをひとつ。

 会社を辞め、独立する前にやっておいた方が良いことに、お金を借りる、引っ越しする、クレジットカードを作る、など、いわゆる信用が関わる作業がありますが、その延長で、最近もうひとつ「会社辞める前にやっておけばよかったなー」と気づいたことがあったので、その対策も一緒にご紹介します。

 すでにパスポートや免許証を持っている方は関係ないのですが、特に重要な契約やその変更をする場合に、『写真付きの公的な身分証』を求められる場合があって、これが無いために契約が面倒になる場合がありました。

 会社や学校に所属していれば、写真付き身分証でパスポートを作っておくこともできるのですが、辞めてしまった後なので使うわけにいかないし。かといって、健康保険証には顔写真がないので×。他の公的機関で取得した資格証を持ち出すにも、あれ?どこへやったっけ・・・?

 こんな状態だったので、手軽に顔写真付きの身分証明を手に入れる方法はないかな、と探していたところ、住民基本台帳カード(以下住基カード)が一番簡単、かつ強力な身分証だということが判明しました。

 作り方はとっても簡単。身分証明と顔写真を持って、自分の住民票がある地区の役所に行き、住民基本台帳カード交付申請書という書類をもらい記入(住基カードは顔写真付きとそうでないものが選べます。顔写真付きを選択。)
 その後、郵送での本人確認を経て発行してもらえます。(手数料500円くらい。ちなみに、顔写真付きの身分証をすでに持っている人は、即日発行可能の自治体が多いそうです)

 ネット納税(e-tax)の利用を検討している方は、どっちにしろe-tax利用申請時に住基カードが必要になりますし、カードサイズなので、免許証と同じように気軽に持ち運べます。生涯車に乗らないぜ!パスポートもまだ持ってないよ!という方は、持っておくと後々色々便利じゃないかなあと思う、そんなカードです。

Leave a Comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Get Adobe Flash player